人気ランキング 第一位 琵琶湖 白髭 SUP体験

琵琶湖 白髭サップ体験を徹底解説!

人気NO1のフォトジェニック絶景SUPプラン!

湖中に立つ白髭神社の大鳥居をSUPでくぐり抜け。
SNS映え、インスタ映え抜群!
京都から1時間で行ける絶景ポイントで、
SUP(スタンドアップパドル)を楽しみましょう!
前日予約、当日予約もOK!

SUPとは「Stand Up Paddle」の略で「立って漕ぐボート」のこと。
サーフボードのような形をした長いボードに乗り、パドルを使って漕いで進む。
そんなSUPで、琵琶湖の絶景スポットとしても有名な白髭神社の大鳥居が潜り抜け!
「近江の厳島」ともいわれる大鳥居を、湖上にプカプカ浮かびながら、すぐ間近で眺めよう。
湖水の透明度が高く、水面を滑るような浮遊感も気持ちいい。

体験の流れ

・受付

白ひげSUPの受付は白ひげ浜キャンプ場に入って、一番京都寄り(白髭神社側)の白い大きなグランピングテントが目印です。
施設内には更衣室もありますので、お着替えを済ませて、5分前には受付にお越しください。

・陸上説明

湖上でサップに乗る前に、陸上でインストラクターがサップの乗り方、パドルや体の使い方、コースについて説明します。

・白髭神社の湖中大鳥居を目指して出発!

実際に水の上でサップに乗り、漕ぎ方を練習しながら、白髭神社と大鳥居を目指して出発します。
少し慣れてくると、景色を堪能する余裕がでてきます。
広大な琵琶湖の迫力、美しい絶景を目に焼き付けてください。

・白髭神社の大鳥居に到着!記念撮影!

インスタ映え抜群!
神秘的な琵琶湖に大きくそびえ立つ大鳥居をくぐり、大鳥居の前で記念撮影!
インストラクターが体験中の写真をいっぱい撮影して、後ほどメールでお送りさせていただきます。
体験中の様子や美しい景色をしっかり撮影します。
写真はSNSにアップしたりご自由にお使いください。

・大鳥居周辺で自由時間

大鳥居周辺に点在するプライベートビーチ(砂浜)にボードをとめて、
白髭神社に参拝に行くことも可能です。
透明度の高い美しい水中を眺めていると、無数の魚の群れも見ることができます。
ゆっくりと景色を眺めるもよし、サップヨガにチャレンジするもよし、
ターンの練習をしたり、サップを漕いで周辺を探索することも可能です。
仲間で競争をしたり、落とし合いをしたりする方もいらっしゃいます。

・白ひげ浜を目指して出発

自由時間が終わると、出発した白ひげ浜を目指して戻りだしましょう。
美しい景色を眺めながら、絶景の中を漕ぎ進みます。
みなさん、帰りはかなりサップが上手くなっています!

・ゴール

無事に白ひげ浜に到着!
全身の体幹やバランス感覚が鍛えられて、とてもいい運動になりました。

SUP体験時間

①9〜11時
②12〜14時
③14時30分〜16時30分
④17〜19時(サンセットタイム 7・8月のシーズンピーク時のみ実施)

2時間 5500円/1人

※要予約制(前日予約、当日予約もOK!)
※集合時間(体験時間)は予約状況に合わせて、予約受付後、お知らせさせていただきます。
(ご希望があれば、可能な限り調整させていただきます)
※少人数〜大人数・団体様まで対応可能です。
※一人旅からデートや家族での思い出作り、社員旅行や野外研修、レクリエーション、サークル活動、恋活やイベントなどにもご活用いただいております。

会場は「白ひげ浜 水泳・キャンプ場」

美しい白いビーチと青松、透明度の高いキレイな水質、
海水浴(湖水浴)も兼ねて1日中楽しめるリゾート施設です。
白ひげ浜キャンプ場では、デイキャンプやバーベキュー、
テントやバンガローでの宿泊も可能!
さらに、7月1日〜8月31日までのシーズンピーク期間は、
食堂での軽食やバーベキューコースの販売もしております。

白ひげ浜 水泳・キャンプ場
〒520-1121
滋賀県高島市鵜川1091
駐車場料金:1000円(普通車・1日)※250台収容可能
施設利用料:300円(1人)※更衣室・トイレ・水道などが利用可能になります。
※温水シャワーは別途500円

電車の場合
JR湖西線・近江高島駅を出て、びわ湖方面・南東へ徒歩約20分。

自動車の場合
名神・京都南インターチェンジから(約55分)
名神・京都東インターチェンジから(約45分)

※土日祝やお盆などは渋滞が見込まれますので、
早めに着くようにお願い致します。

※京都方面から161号線(湖西道路)でお越しの場合、
「下阪本ランプ~雄琴」までの区間が非常に混みやすいため、
「下坂本ランプ」で一度降りてください。
降りて直進すると、自然に湖西道路に戻ります。

白髭神社とは

白髭神社は全国の白髭神社の総本山で、琵琶湖最大の島である沖島を背景に、広大な琵琶湖の湖中に大鳥居を浮かべることから、近江の厳島とも称されています。
世界遺産 厳島神社にも匹敵する神秘的な絶景をみることができます。
創建はなんと1900年前、第11代天皇の垂仁天皇の頃で、近江最古の神社とされています。
最近は絶景パワースポットとしても有名です。

湖中大鳥居は湖上交通の盛んな頃に、舟でのご参拝の目印でもあったとも考えられています。

祭神は手塚治虫の火の鳥のモチーフにもなった猿田彦命であり、人の世のすべての業や営みを善い方に誘導された導きの神であり、延命長寿・福徳開運・縁結び・子授け・生児の名授け・交通安全・船舶安全等人生の全ての道案内の神として広く信仰を集めています。

境内には著名な歌人の歌碑が多数あり、源氏物語の作者でもある紫式部や俳聖・松尾芭蕉のものもあります。その中で、与謝野鉄幹・晶子夫妻がこの白髭神社を参拝した時に読んだ「しらひげの  神の御前にわくいずみ これをむすべば 人の清まる」は、比良山系の山々からそそぐ清らかで美しい白髭周辺の水質、琵琶湖一美しい絶景を見事に表現されています。

周辺のおすすめスポットをご紹介

乙女が池と大溝城祉

内湖・乙女ヶ池は、かつて表の湖(琵琶湖)に対して、ウラウミ、セドウミ(セド=背戸)などと呼ばれていました。
万葉の時代は「香取の海」と呼ばれ、山の麓まで琵琶湖の入り江でした。
戦国時代には織田信長の命により築かれた大溝城の外濠として利用されたりと、幾多の歴史を秘めた場所です。
真ん中に架かるジグザグな橋は太鼓橋と言い、
朝の連続ドラマ小説「ごちそうさん」のロケ地としても使われ、主人公の二人が結婚を誓い合うシーンがまさにこの橋の上で撮影されました。今、縁結びスポットしてもひそかに話題になっています。

SUPでも白ひげ浜から北へ進み、趣のある昔ながらの水路を通り、乙女が池に入ることができます。
琵琶湖とはまた趣の異なる、山がより近く、のどかな日本古来の原風景をみることができます。
乙女が池探索ツアーもご要望にあわせて実施可能です。
お気軽にお問い合わせください。

白ひげ食堂

白髭神社の左隣にある昔なつかしい感じの食堂です。
秘伝のタレでしっかり煮込んだ熱々のおでんが絶品です。
特に近江牛すじおでんが最高!

具沢山の豚汁と豚汁ラーメンもオススメ!
辛いバージョンのコク辛豚汁ラーメンとライスが最近のヘビーローテーションです。

比良とぴあ

サップを楽しんだ後は温泉でリフレッシュしましょう!
比良山系のふもとにある日帰り温泉施設です。大自然の中、天然温泉で心身ともにリラックス!